気ままな主婦のスポーツ観戦

にわかファンによるスポーツの感想

第101回全国高校野球選手権大会 準決勝 第1試合

履正社(大阪)VS明石商業(兵庫)

 8月5日から開催された第101回全国高校野球選手権大会

準決勝は19日の予定だったが今年は台風の影響もあり、1日伸びて20日に変更。

このブログで初めて書いたのが昨年のこの大会、今年もテレビ放送と第101回全国高校野球選手権大会|NHK 甲子園のサイトを参考にして、準決勝から書いていこうと思う。p(*゚▽゚*)q

 

 ベスト4に残った4校は夏に優勝経験がないので、どこが勝っても初優勝である。

まずは準決勝 第1試合、履正社(大阪)と明石商業(兵庫)のここまでの結果と、準決勝のスターティングメンバーを紹介しておく。

ョロシク(。・ω・))(。uωu))ペコリ

 

先攻 大阪・履正社

1回戦  履正社11-6  霞ヶ浦(茨城)

2回戦  履正社  7-3  津田学園(三重)

3回戦  履正社  9-4  高岡商業(富山)

準々決勝  履正社  7-3  関東第一(東東京)

3年ぶり4回目の出場。(*´∀`)ノ 

そんなに少なかった?私がにわかなだけカモしれないが、ちょっとびっくり!

今大会、4試合全て二桁安打の強力打線が特徴。

スターティングメンバー

1番  中  桃谷惟吹(3年)   右打

2番  二  池田 凜(2年)   左打

3番  三  小深田大地(2年)  左打

4番  右  井上広大(3年)   右打

5番  一  内倉一冴(3年)   左打

6番  左  西川 黎(3年)   右打

7番  捕  野口海音(3年)   右打

8番  遊  野上聖喜(3年)   右打

9番  投  岩崎峻典(2年)   右打

先発は今大会初先発、右投の岩崎峻典投手(2年)。

 

後攻 兵庫・明石商業

2回戦  明石商  4-3  花咲徳栄(埼玉)

3回戦  明石商  3-2  宇部鴻城(山口)

準々決勝  明石商  7-6  八戸学院光星(青森)

2年連続2回目の出場。d(゚∀゚*)

今大会3試合はすべて接戦を制していて、とても粘り強い。

選抜ベスト4の中で唯一ここまで残っている。

スターティングメンバー
1番  中  来田涼斗(2年)  左打

2番  捕  水上 桂(3年)  右打

3番  三  重宮 涼(3年)  右打

4番  右  安藤 碧(3年)  左打

5番  一  宮﨑涼介(3年)  左打

6番  遊  河野光輝(3年)  左打

7番  左  福井雄太(2年)  右打

8番  二  清水 良(3年)  右打

9番  投  中森俊介(2年)  左打

先発は、2年生エース右投の中森俊介投手(2年)。

 

予想

今大会、優勝候補の一角として上げられている大阪の履正社

にわかから見ても大阪は強豪校が多いので、出場するだけで優勝候補の印象だ。

゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン

対するは兵庫の明石商業

選抜の時もブログに書いたので、まったく関係ないのに勝手に思い入れのある高校になっているにわかファン。(´v`)ニィ

特に2年生エースである中森俊介投手の事はよく覚えていて、初戦以来の先発だから明石商業は勝負にきた感じだ!

逆に履正社は、今大会初先発の岩崎峻典投手(2年)。準決勝で初先発ということは、相当調子が良いとみている。(p_-)

 

2年生ピッチャー同士の対決!

(●´ ^`)ンーにわかファン中森投手が良い投手なのはもちろん知っているが、それでも予想では履正社……とにかく今、打線が絶好調だからね。

明石商業がどこまで粘れるか!だと思う。(9`^´)9

 

それでは準決勝第1試合  近畿勢同士の対決、プレイボール!!

 

1回

履正社の攻撃

9時に試合開始予定が、雨の影響で1時間遅れ10時に試合開始。

履正社の先頭は、5試合全て先頭で出塁している1番桃谷選手

その桃谷選手、1ストライク3ボールからフェンス直撃のスリーベースヒットでノーアウトランナー3塁。( ̄▽ ̄)v

フェンスの真上に当たっていて、あと数センチでホームランだった。

これで桃谷選手は先頭バッターとして、

第1試合 ホームラン

第2試合 ツーベースヒット

第3試合 ヒット

準々決勝  ツーベースヒット

準決勝   スリーベースヒット

1試合だけの結果ではないけれど、先頭打者でサイクルヒットである。

絶好調だナ!!(b≧∀)グッド♪

 

続く2番池田選手が、レフト前へのタイムリーヒット履正社1点先制

★☆-(ノ●´∀)八(∀`●)ノイエーイ☆★

立ち上がり変化球の多い中森投手に、

(`・д´・)同じボール(チェンジアップ)が多すぎましたね……ちょっと慎重すぎると解説が言う。

"o(-_-;*) ウゥム…強力打線だから色々考えてしまうのカモしれない

 

3番小深田選手は空振り三振で抑えた中森投手だったが、1アウト1塁から今度は4番井上選手がレフト前ヒットで1アウト1、2塁。

(*`・д´・)σ もっと本来の威力のある投球を中森投手は見せてほしい

変化球(チェンジアップ)はストレートを投げてこその変化球、変化球ばかり投げていては変化球にはならない!

解説の意見に納得するにわかファン。(*´・д`)-д-)))ソゥソゥ

 

5番内倉選手もフェンス直撃のタイムリーツーベースヒットで、履正社はもう1点追加

1アウト2、3塁から、今度は6番西川選手がレフトへのタイムリーヒットで、さらに2点追加

キタヨキタヨヽ(゚∀゚=゚∀゚)ノキチャッタヨ-!!!!!!

1アウト1塁で7番野口選手がファーストフライで2アウト1塁。

8番野上選手がセンター前ヒットで2アウト2、3塁になるも、9番岩崎選手が三振でようやく3アウト。(;´Д`)=3 フゥ

 

履正社  4-0  明石商業

 

初回からヒット6本で4点の履正社、さすがである。d(-_☆)

中森投手はなんとか立て直したいところだ。

明石商業の攻撃

履正社の監督は岩崎投手が、6回まで保ってくれれば良いと考えているみたいだ。

σ(゚・゚*)ンー・・・調子が良いわけではないのかなぁ……エースを休ませる為なのかしら?

 

明石商業の1番は2年生の来田選手。注目のバッターであり、選抜の時にブログでも書いたので覚えている。

実況が来田選手の選抜のホームランの話をしていたら、その言葉を証明するかのように、先頭打者ホームラン!!

ヨッシャ━p(☆ω-)八(-ω☆)q━ァァア

バックスクリーンへのホームランで、明石商業は1点返す。

しかしその後は2番水上選手、3番重宮選手、4番安藤選手を抑えた岩崎投手、3アウトチェンジ。

 

履正社  4-1  明石商業

 

2回

履正社の攻撃

2回からセットポジション中森投手、コントロールを重視しているみたいだ。それで少しずつストレートが増えてきている。(._.)

だが、1アウトから2番池田選手がフォアボールで出塁して1アウト1塁。

それにしても、もう一巡したのか!早いね。

3番小深田選手の打席で、打った球が跳ね返って球審のマスクの顎に直撃するアクシデントがあったが(なぜかスローで放送される)、何事もなかったかのように続ける。

(p`・ω・´q)★力"-ノ力"|/

3番小深田選手がセンター前ヒットで1アウト1、2塁。

しかしこの後は、4番井上選手と5番内倉選手を抑え3アウト。この回は履正社無得点。

明石商業の攻撃

三者三振。。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

 

3回

履正社の攻撃

6番西川選手がフォアボールでノーアウト1塁。7番野口選手が3バント失敗で1アウト1塁。

ここで8番野上選手に対して、変化球がスっぽ抜けて頭部に死球

(|il!゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚il!|)

大丈夫かしら?履正社は臨時代走が出て1アウト1、2塁。

その後は抑えた中森投手、初回に4点取られ毎回ランナーを出しながらも粘っている。(((uдu*)ゥンゥン

明石商業の攻撃

死球をうけた野上選手が守備に出てきた!大丈夫みたいだ。

ヨカッタ+:.ヾ(´Д`。)゚.:+ ━━‼

先頭の8番清水選手が、今大会初ヒットでノーアウト1塁。

9番中森選手がバントで1アウト2塁。1番来田選手のセンターフライで進塁して2アウト3塁。

しかしその後は繋がらず……3アウトチェンジ。(´Д`)

 

4回

履正社の攻撃

この回、先頭の2番池田選手がフォアボールで出塁してノーアウト1塁。

(; ̄^ ̄)ンー…フォアボールが多いね……やっぱりコントロールに不安がある。

それでも3番小深田選手ダブルプレーで抑え2アウトにすると、4番井上選手はセカンドフライで3アウトチェンジ。

146km、147kmと、投げる度に中森投手のスピードが上がってきた!らしさが出てきたね。∑d(d´∀`*)グッ!

明石商業の攻撃

3番重宮選手4番安藤選手が外野フライ、5番宮崎選手ファーストライナーで3アウト。

クリーンナップトリオだったが三者凡退。.....(;__)/|ズゥゥゥン

 

 岩崎投手がとても良い!

きっと履正社の監督もそう思っているはずだ!!Σd(≧ω≦*) グッ

 

5回

履正社の攻撃

1アウトから6番西川選手がレフトへのツーベースヒットで1アウト2塁。(o^-')b

ここで中森投手の投球数が100球を超えた、ちょっと多いかね。

続く7番野口選手がライト前へヒット!それをライトが取りこぼしてしまい、タイムリーヒットとなる。オオォォヾ(゚Д゚ヾ)(ノ゚Д゚)ノォォオオ

履正社は1点追加し突き放す。

1アウト1塁から、8番野上選手がセンター前ヒットで1アウト1、2塁。

この安打で今回も二桁安打の履正社。オォ━(●゚д゚●)━ォ!! 

9番岩崎選手が3バント失敗すると、飛び出していた2塁が刺され3アウトチェンジ。

それでも初回以降、久々に1点追加した。(*'-'*)v

 

履正社  5-1  明石商業

 

明石商業の攻撃

6番河野選手と7番福井選手が空振り三振で2アウト。(。・_・。)

8番清水選手がレフトへのツーベースヒットで2アウト2塁。(v´∀`*)

9番中森選手が粘るも、見逃し三振で3アウトチェンジ。(┯_┯)

明石商業は出塁しても、うまく繋がらない

 

6回

履正社の攻撃

好守備で2アウトから、3番小深田選手がセンター前ヒットで2アウト1塁。

しかし、4番井上選手がレフトフライで3アウトチェンジ。

エンジンがかかってきた中森投手だが、球数は120球を超えている。(#゚Д゚)⊃ミ●

明石商業の攻撃

2アウトから、3番重宮選手がセンター前ヒット!センターの位置から少し遠く、もたついた為にセカンドを狙いツーベースヒットに。2アウト2塁。ヾ(´∀`)ノワーイ

しかし、4番安藤選手がセカンド正面のゴロで3アウトチェンジ。

明石商業はあと一本が出ないな。(≧血≦;) グォオオオッ!!

 

7回

履正社の攻撃

初めて三者凡退に抑えた中森投手、130球を超えた。

ダイジョウブ?.....φ(´・ω・●)??

明石商業は今大会、2試合で先発している左投の杉戸理斗投手(3年)が投球練習を始める。

明石商業の攻撃

こちらも岩崎投手三者凡退に抑える。

履正社の監督が、

(。-`ω´-)ンー 6回まで保ってくれれば……と言っていたが、気がつくと7回終了。

岩崎投手の好投が光る!!

゚.+:。 ヾ(。・ω・)ノ゚.+:。 イイジャナーイ!!

 

8回

履正社の攻撃

2アウトからセカンドのエラーで1番桃谷選手が出塁するも、見逃し三振で3アウトチェンジ。

中森投手、回を重ねるごとに良くなっている。(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネェー

明石商業の攻撃

1アウトから9番中森選手に代打・右打の岡田光選手(3年)。(」゚ロ゚)」!!

中森投手も予定では6回までだったみたい。打たれながらもよく粘ったよね。

交代した9番岡田選手は三振するも、1番来田選手がライト前ヒットで2アウトランナー1塁。

しかし、その後が繋がらない……。(ノω-;)

 

9回

履正社の攻撃

明石商業杉戸投手ではなく4番の安藤碧選手が投手(左投)として出てきた。

この大会初登板みたいだが、調子が良いのだろうか?(゚ー゚?)

ところが安藤投手、先頭の3番小深田選手にレフト前ヒットを打たれノーアウト1塁になると、続く4番井上選手にはフォアボールを与えてしまいノーアウト1、2塁。

(゚д゚|||(゚д゚|||(゚д゚|||)

明石商業安藤投手から杉戸投手に交代して安藤選手はライトの守備へ。

o(`д´ 。)安藤選手、次の攻撃で頑張るんだ!!

すると今度は交代した杉戸投手が、5番内倉選手への死球でノーアウト満塁。

ギャァ━━(゚Д゚il!)━━ァァ!!!

ユニフォームにかすったみたいだ、明石商業ピンチである。(´⌒`;)

6番西川選手を内野ゴロに抑え1アウト満塁にし、こまめに守備のタイムをとる明石商業。だが相手は強力打線の履正社である。

7番野口選手がセンター前へタイムリーヒット!キタ━(゚∀゚)━!! 

ここで攻撃を終えるが、履正社は2人返って2点追加

 

履正社  7-1  明石商業

 

明石商業の攻撃

1アウトから、4番安藤選手が借りを返すセンター前ヒットでノーアウト1塁。

(*≧∀≦)ノいいゾ!いいゾ!!熱くなるにわかファン

9回途中からセカンドの守備についた左打の5番井上隼斗選手(2年)はファーストゴロ。その間に1塁の安藤選手は進塁して2アウト2塁。

ここで、6番河野選手に代打・右打の窪田康太選手(3年)。【壁】ョω・。)

しかし最後は、空振り三振でゲームセット。

 

結果

履正社  7-1  明石商業

 大阪・履正社、夏初めての決勝進出おめでとう!

(σ。ゝω・)σ ☆゚+.才×〒"├゚+.☆

にわかファンの予想通り、今回も打線が二桁安打。これで5試合すべてで二桁安打とは……本当に強い!!c(`・ω´・ c)っ≡つ ババババ

また、今大会初先発の岩崎投手、初回にホームランを打たれた後はしっかり攻めながら抑え、無四球10奪三振の完投。

スゴ━━━ヽ(*`Д´)ノ━━━イ!!!

期待以上の働きで素晴らしい!まだ2年なのに落ち着いていたね。

勝戦でも履正社らしい強力打線を期待している。

 

負けた明石商業も結果は完敗だったけれど、最後まで頑張った。d(´∀`●)

何より今年の高校野球で春、夏とベスト4以上の高校は明石商業だけ。これはすごいことだよね。

中森投手は調子が良くなさそうな中で、初回以降はエースの意地を見せた。

この試合、明石商業で唯一打点を上げた来田選手と共に、こちらもまだ2年生。

また来年、ここに帰ってきてくれるだろう。

(-ω-。)ヽ(・∀・`*) オツカレサマー

 

 準決勝第2試合へ続く……。

kimamanashufu.hatenablog.com